防犯対策でオススメの方法とは?

自宅に金の目がないと思いませんか?ごみ処理のために数分しか家に帰らないように縛るのは面倒ですか?

鳥の巣は、その数の慎重な削減を目指しています。

あなたは自分だけでOKであるという信念を止め、是正措置をとって犯罪防止の意識を高めるようにしてください。

それは鳥を嫌う家にするための防犯への第一歩です。

今回は、魚を嫌う家に犯罪防止対策を話します。

わずか1年間で空き地に1万件以上の被害があります!

2007年には、埋められた巣を含む侵入窃盗が約73,000件ありました。

戸建て住宅への損害は、侵入窃盗の41%を占めています。

オフィスなどを除いて約37,000件の侵入窃盗があり、1日あたり約100軒の家屋が壊れています。

この数字は、盗難が発見された件数であり、貴重品や現金が気付かれずに取り下げられた場合はカウントされません。

このようにして、欠員による多くの損害の原因があります。

あなたが住んでいる家には、埋葬された巣が狙いやすい家屋と、標的にするのが難しい家があります。

だから、欠員を嫌う家と空き地が好きな家の違いは何ですか?

空の鳥が簡単に対象とする家の特徴

その男の子が嫌いな家を知るためには、まず、家にどんな家を探したいか考えてみるのが良いでしょう。

あなたが豊かな大きな家であれば、セキュリティの可能性が高いので、あなたは吠えが気に入らない。

あなたが侵入することができたとしても、後に警備員が来ると空の猟犬が逮捕されます。

したがって、空きハウンドは、犯罪防止が行われている家を目指しており、侵入の容易さと逃げやすさからは豊かではない可能性が高い。

外から明るさセンサーやセキュリティカメラを見るだけでも、空きが嫌いな家になります。

フェンスや庭園の木々に囲まれた住宅も簡単に対象とされています。

一見したところでは、侵入するのは難しいようですが、空の猟犬が入ったら、それは死角になり、完全な隠れ場所になります。

道路などの周辺から私がしていることを見ることができないので、何らかの騒音が聞こえてもベストが損害を受けているとは考えにくいようです。

また、アパートの中高層階も空の巣を目指しています。

バグがなく、侵入し易いと考えてロックアウトすることなく外出する多くの人々がいます。

1回の割り当てのための居住用アパートでは、正午まわりの人がいない場合が多いため、昼間の対象となることが多い。

戸建て住宅では、2階から焼けた巣が入る場合があります。

1階の入り口や窓でも、セキュリティを施している家でさえ、2階はそれとは関係ありません。

実際には、安全に見えるルート沿いのルートと観光スポットが近い、簡単に埋設された家を目指すのは簡単なようです。

周囲の環境音で窓や入り口を開くときに出る音が溺れるので、周囲が落ちにくいからです。

それは人々が家を出た後に群衆によって混乱することは容易である空きのための利点です。

あなたは空のカラスをどんな家に嫌うでしょうか?

私は空席の多くの予備検査を行います。

予備調査の際には、「この家は安全を保証するのは簡単だ」と考えないことが重要です。

庭がある場合、頻繁に雑草を頻繁に掃除する必要があります。

雑草が活発になると、それは近隣関係がない家であり、目を引くことができない家であると考えられているのは、焼けた巣に入りやすい家です。

庭に防犯用の砂利を敷くと、侵入するために歩いているときに大きな騒音がするので、空きが嫌な家になります。

街灯や人が少ない緊急時の対策として、センサーライトを点灯させることが有効です。

真夜中に外から見える部屋の入り口の光と電気を保つために誰かが家の中に登っているように見えるので効果的です。

光のある家は、空きが嫌いな家です。

高いフェンスと食べることができる食べ物は、侵入した空の鳥の隠れ場所になります。

見通しの良い垣根を作って、植え込みを短くして、周囲から家の中を見ることができるようにしましょう。

布団やシーツなどの大きな洗濯物を残しておくと、盲目になります。

私たちが盲目と隠れ場所を使うことができる盲点をなくしましょう。

また、空の巣に窓にシャッターや表面格子を取り付けることも有効です。

そこから入るのは難しいので、空きが嫌いな家になります。

セキュリティベルの取り付けも効果的です。

私の周りの人々は、音が出てきたときに意外にも見守ります。

空き地は私に多くの人を嫌いにする。

まず、防犯対策の補助キーを追加してください!

ほとんどの欠員は5分以内に家に侵入する可能性があると言われています。

実際、鍵穴から鍵を開く時間は大体理解されています。

キーを開くために5分以上かかるキーの種類の場合、侵入自体をあきらめるケースが多いです。

以下の2つの対策は、育ちに有効です。

・取られた措置で複雑な鍵に交換する。

・補助キーを適用し、2つのロックを行います。

鍵を開くには時間がかかりますので、入り込むまでに時間がかかりますが、空きが嫌な厄介な家になります。

家の外観は変更されません、ワンド2つのロックで対策を取るようにしましょう。

鍵交換と補助鍵については、エントランスだけでなく、各部屋のすべての窓に鍵交換や補助鍵の取り付けをお勧めします。

小さな窓からも侵入されるので、サイズにかかわらずすべての窓口に対して対策を施しましょう。

セキュリティサッシとセキュリティフィルムの取り付けは、窓に侵入して窓に侵入しないように効果的です。

まとめ

目に見える犯罪防止装置は、家が空いていることを嫌うので大きな魅力を発揮することができます。

外部から見やすいセンサーライトや盗難警報鐘などの対策から対策を施すことは良いことです。

私が5分以内に侵入できなければ、私は諦めます。

それは最も信頼性の高いものにするための鍵です。

2つのロックをあきらめ、侵入時間を単純な計算の2倍にしましょう。

それを複雑な鍵に交換し、鍵の開放自体の挑戦をあきらめることは良い考えです。

あなたが吠えが気にならない厄介な家を目指すなら、鍵交換が推奨されます。

関連記事

ページの先頭へ